ドングリマナコ

ドングリマナコ

女神の鬼(漫画)の登場人物。

登場作品
女神の鬼(漫画)
正式名称
ドングリマナコ
ふりがな
どんぐりまなこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

寄生族の一人。小学生のころから佐川夢に憧れており、ある日強姦しようと試みるも失敗し、代わりに通りすがりの女児を強姦、重症を負わせる。それがきっかけで鎖国島へと送られた。当初は西側で下僕のように扱われていたが、ギッチョが島へとやって来た際東側へと亡命した。実はギッチョの持つ佐川家三姉妹のアルバムを奪い、花山靖原真清との交渉の手段とすることを目論んでいた。

その後、樋口を「王様」と崇め、配下となる。

登場作品

女神の鬼

1979年、広島。「王様」を夢見て暴れ狂う日々を送っていた小学生佐川義(ギッチョ)は、鬼に扮した男たちが子供を追い回す「鬼祭り」の日に四人の鬼たちと出会う。花山靖、原真清、虎鮫茂(ハンニャ)、望月隆(... 関連ページ:女神の鬼

SHARE
EC
Amazon
logo