• びっくり箱 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • ドーナとママが住む邸宅

ドーナとママが住む邸宅

ドーナとママが住む邸宅

びっくり箱(漫画)、ドーナとママが住む広大な邸宅。読みは「どーなとままがすむていたく」。

登場作品
びっくり箱(漫画)
正式名称
ドーナとママが住む邸宅
ふりがな
どーなとままがすむていたく
関連商品
Amazon 楽天

概要

ドーナの父が建てた。ママは「この家が宇宙で、創造主はおとうさま」とドーナに語る。ママドーナの誕生日ごとに新しい部屋を与えており、6歳のときは4階の「学校」、7歳のときは遊戯室、8歳のときは音楽室、9歳のときは1階の台所、10歳のときはプレイヤーのある部屋、11歳のときは四角い庭園、そして12歳のプレゼントはエレベーターだった。

これ以外にも、まだ百の禁断のドアがあり、ドーナが20歳になった時に全て与えられるはずだった。

登場作品

びっくり箱

少女ドーナは、広い邸宅で母と暮らしている。母は常に「世界はこの家だけしか存在しない。家を取り巻く森の外には何もない。おとうさんは森のなかで怪物に襲われて殺された」とドーナに語り、家の外に出るのを禁じて... 関連ページ:びっくり箱

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo