ドーナ・マーリン

燃える虹(漫画)の主人公。別称、ダニエル・パイロット。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
燃える虹(漫画)
正式名称
ドーナ・マーリン
ふりがな
どーなまーりん
別称
ダニエル・パイロット
別称
ドーナ
別称
ダニエル

総合スレッド

ドーナ・マーリン(燃える虹)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

概要

裕福な家庭で不自由なく育った少女。市長選挙に出馬する父親のライバル、ロッキンガムの陰謀により、両親を殺され、自身も重傷を負う。屋敷の焼け跡を見て復讐を誓ったドーナは、孤島にあるブランシュ慈善院に送られるが、院内の洞窟に隠れ住むパイロット伯爵に生きる知恵を学び、島を脱出。

パイロット伯爵の養女となり、名をダニエル・パイロットと変える。その後、パイロット伯爵が発明した金脈探知器を使い、次々と金山を発見し、世界各国の社交界を賑わせる女性に成長。7カ国の言葉を理解し、話すことができるようになった。世界に53の金山を持ち「金山の女王」と呼ばれる。自身が刺されたラシュリイの短刀を肌身離さず持っている。

財産を築いた後、帰郷し、マリーン一家を不幸に陥れたロッキンガム一家、ラシュリイ男爵、元メイドのメリーに復讐をとげ、身も心もたくましく成長していく。

登場作品

ドーナ・マーリンは、裕福な家庭で両親に愛され、幸せに暮らしていた。次期ブルー市市長候補を目される父親のジェイムズ・マーリンは、ある日、市長選挙のライバル、ロッキンガムの悪事を告発しようとして、逆に陰謀...