ナラ子

ナラ子

ウメ星デンカ(漫画)の登場人物。読みは「ならこ」。

登場作品
ウメ星デンカ(漫画)
正式名称
ナラ子
ふりがな
ならこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

ベニショーガの娘。普段は地球から4.3光年離れたプロシキマ星で母とともに暮らしているが、時々父の様子を見に地球へやって来る。たいへんなおてんば娘で、ひねくれた性格。言われたことと逆のことをやりたがる。また、頼まれた手伝いをデンカ王さまにやらせるなど、父のベニショーガとは対照的に王族一家に対する尊敬の気持ちをあまり持っていない。

腕力も非常に強く、ガキ大将のフグ田とその子分である三角程度であれば簡単にのしてしまう。その力を買われ、態度が大きくなりすぎたゴンスケに対して刺客のごとく送り込まれたこともあるが、その際はしばらく対峙したあと互いに力量を認め合い、結果的には意気投合することとなった。

登場作品

ウメ星デンカ

母星を失った宇宙人の王族が、ごく平凡な日本の家庭に居候することとなるギャップを描くギャグ作品。作者の藤子・F・不二雄が同時期に描いた『21エモン』や『モジャ公』と比較すると、それらの作品で見られたシニ... 関連ページ:ウメ星デンカ

SHARE
EC
Amazon
logo