ニッポン漫才クラシック

ニッポン漫才クラシック

べしゃり暮らし(漫画)に登場する、一年に一回行われる漫才日本一を決める大会。読みは「にっぽんまんざいくらしっく」。

登場作品
べしゃり暮らし(漫画)
正式名称
ニッポン漫才クラシック
ふりがな
にっぽんまんざいくらしっく
関連商品
Amazon 楽天

概要

優勝賞金は一千万円。参加資格は素人、あるいは結成十年以内のプロ。2008年大会には、上妻圭右辻本潤(中西潤)のコンビ「きそばAT」が出場したが、予選敗退。優勝は「デジタルきんぎょ」であった。十年目を迎え、役割は果たしたとして2009年大会を最後とする予定。

登場作品

べしゃり暮らし

人を笑わせることが大好きな高校生上妻圭右は、転校生辻本潤(中西潤)と出会ったことで芸人を志すようになる。彼は卒業後芸能専門学校のYCAに入学、お笑いコンビ「べしゃり暮らし」を結成。YCAの生徒や先輩芸... 関連ページ:べしゃり暮らし

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo