ニャールセン

ハトのおよめさん(漫画)の登場人物。トニャー、ニャップリンとは親族関係にある。

  • ニャールセン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ハトのおよめさん(漫画)
正式名称
ニャールセン

総合スレッド

ニャールセン(ハトのおよめさん)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

森で医者をしている猫で、ニャップリンの弟、トニャーの兄。腕前は確かだが軽薄な性格であり、病院に勤めている女看護師とオフィスラブにふけっていたところをヨメに目撃され、口止めの代わりにいいように使われている。

登場人物・キャラクター

ニャールセン・ニャップリンの弟である猫。上がり症ながらテレビ番組「クイズ・シンキングピュー」の司会者をしていたが、ヨメのせいでクビになる。その後はハト一家の使用人を経てホームレスになり、土管で暮らして...
ニャールセン・ニャップリンの兄である、紳士を気取った猫。手品師をしていたが、ヨメのせいでショーが失敗してから客が減り廃業。以後、ヨメへの復讐心に燃えるようになり、様々な発明品を作る。
『ハトのおよめさん』の主人公であるハト。性格は傍若無人で言葉遣いも悪く、口癖は「うるせえ」「いいから」。トニャーやニャップリンなど、彼女のやりたい放題のせいで職を失った者も多い。口から吐く光線技である...

登場作品

喋る動物たちが住んでいる世界。丘の上に住んでいるハト一家は、ベンチャー企業社長をしているダンナと、「ブッコ」「ブッ殺す」としか喋れない息子のブッコ、そしてパチンコが趣味のハトのヨメの3人家族。傍若無人...