• ヤマトの火 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • ニライカナイ・祭

ニライカナイ・祭

ニライカナイ・祭

ヤマトの火(漫画)の登場する、沖縄の久高島で、60年に1度執り行われるという秘祭。読みは「にらいかないまてぃ」。

登場作品
ヤマトの火(漫画)
正式名称
ニライカナイ・祭
ふりがな
にらいかないまてぃ
関連商品
Amazon 楽天

概要

伊耶輪神女の弓子はこの秘祭によって大霊力の神女の王となり、卑弥呼の意志を受け継ぐことになる。

登場作品

ヤマトの火

1981年、北海道の炭鉱事故で父の熱雷草作を亡くした熱雷岳彦は、父が研究していた火の民族仮説の謎を引き継ぎ沖縄へと渡った。そこで伊耶輪神女たちのニライカナイ・祭に遭遇する。そのニライカナイ・祭で伊耶輪... 関連ページ:ヤマトの火

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo