ネオ皇帝

ネオ皇帝

ふしぎの海のナディア(テレビアニメ)の登場人物。読みは「ねおこうてい」。ナディア・ラ・アルウォール、ネモとは親族関係にある。

登場作品
ふしぎの海のナディア(テレビアニメ)
正式名称
ネオ皇帝
ふりがな
ねおこうてい
関連商品
Amazon 楽天

概要

「ネオ・アトランティス」の皇帝。ネモの息子で、ナディアの兄。旧タルテソス王国滅亡の際に重傷を負い、ガーゴイルにより、身体のほとんどを機械化されている。身体の動力は、巨大なコンセント付のケーブルで供給される電力であり、ケーブルの範囲でしか動く事は出来ない。

また、意識も洗脳され、文字通りの「傀儡」となっている。

関連人物・キャラクター

ガーゴイル

謎の組織「ネオ・アトランティス」の総帥。傲岸不遜で冷淡冷徹な性格。目的達成の為には部下も平気で切り捨てる。バベルの塔やガーフィシュなどを建造して世界征服を企む。自らを「アトランティス人の末裔」即ち「神... 関連ページ:ガーゴイル

ナディア・ラ・アルウォール

『ふしぎの海のナディア』のヒロイン。14歳。「ブルーウォーター」という謎の宝石を持つ少女。動物の言葉を理解するなど、不思議な能力を持つ、元サーカスの看板スター。褐色の肌と、藍色をしたショートボブの髪型... 関連ページ:ナディア・ラ・アルウォール

ネモ

46歳。万能潜水艦ノーチラス号の船長。海洋生物学者。寡黙で冷静沈着だが、人一倍熱い側面も見せ、特に「ネオ・アトランティス」の総帥ガーゴイルを倒すことにかけては、人一倍強い信念を持つ。「ネモ」とはラテン... 関連ページ:ネモ

登場作品

ふしぎの海のナディア

19世紀末を舞台としたSF海洋冒険ジュブナイル。19世紀の小説家「ジュール・ヴェルヌ」によるSF小説『海底二万里』及び『神秘の島』を原案としている。宮崎駿監督作品の『天空の城ラピュタ』と同じ原案企画か... 関連ページ:ふしぎの海のナディア

SHARE
EC
Amazon
logo