ネム

ネム

最終戦争シリーズ(漫画)の登場人物。別称、合歓。

登場作品
最終戦争シリーズ(漫画)
正式名称
ネム
ふりがな
ねむ
別称
合歓
関連商品
Amazon 楽天

概要

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『マヤの青』の主人公。マヤのウシュマルの二の姫。パトロールのディラン・フレイザーに時間移民を持ちかけられたが、近親婚による人物は審査を通らず取り残される。一族が他部族に襲われた時に死亡するがデーヴァダッタ化。目覚めたときに、彼女の死ぬ運命を知りながら見捨てたディランを殺害。

伊津原永都が鎌倉に住んでいた頃に二度、偶然出会って好意を抱いている。黄泉の王の花嫁に選ばれて逃げ回ったが永都を人質にとられ、やむなく受諾。しかし、黄泉の王の花嫁として分子レベルに分解されてなお反抗し、海王星周辺に留まっているという。

関連人物・キャラクター

黄泉の王

デーヴァダッタで唯一の男。黄泉と呼ばれる異次元の岩で眠っていて、1000年に一度目覚めて5人の花嫁を選ぶ。選ばれた花嫁を細胞単位に分解して吸収し、海王星の大気中に何億という新しいデーヴァダッタとして再... 関連ページ:黄泉の王

伊津原永都

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『秋津島大和編』『黄泉の向こう岸』『開放都市』『孔雀天使城』の主人公。1964年生まれ。鎌倉の高校で応援団長をしていた。ソマの母を早くに亡くし、父と兄と暮らす。カト... 関連ページ:伊津原永都

登場作品

最終戦争シリーズ

西暦2296年に勃発した最終戦争により、人類は20程度の都市国家に生き残るのみになってしまった。科学技術の進歩により、ほぼ不老不死を手にした人類だが、西暦3500年に至るまで緩やかに滅亡に向かっていく... 関連ページ:最終戦争シリーズ

SHARE
EC
Amazon
logo