ハインケル

HELLSING(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
HELLSING(漫画)
正式名称
ハインケル

総合スレッド

ハインケル(HELLSING)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

ヴァチカン特務局第13課イスカリオテ機関(第13課)の機関員。2丁拳銃の遣い手。ナチスの残党組織ミレニアムが対英上陸戦「第二次ゼーレヴェ作戦」を開始した際に、英国の特務機関・王立国教騎士団の局長インテグラの監視任務についていた。2030年段階では、アレクサンド・アンデルセンの後任のような立ち位置となり、王立国教騎士団のセラス・ヴィクトリアとはライバル関係を思わせるようなそぶりをみせる。

『HELLSING』の単行本に収録された平野耕太の短編漫画『CROSS FIRE』にも、ほぼ同一設定の人物が登場している。

登場人物・キャラクター

「神の代理人」「神罰地上代行者」と自認する、ローマ法王庁の非公式特務実行部隊。ローマ法王庁唯一にして最大の戦力で、聖別済みの武器で武装した、悪魔退治・異教弾圧・異端殲滅のプロフェッショナル。本来は存在...
ヘルシング家当主にして、英国の特務機関・王立国教騎士団(通称・HELLSING)の局長。父の死に伴う相続争いのさなか、ヘルシング家の地下に封じられていたアーカードを解き放ち、以来、彼の主となる。性格は...

登場作品

主人公の吸血鬼アーカードは、英国の特務機関・王立国教騎士団(通称・HELLSING)に所属する、化物退治のエキスパート。HELLSING局長インテグラの命に従い、英国を脅かす化物達を狩っていた。英国で...