ハジ

BLOOD+ A(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
BLOOD+ A(漫画)
正式名称
ハジ
ふりがな
はじ

総合スレッド

ハジ(BLOOD+ A)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

サヤのシュヴァリエ(従者)。彼女の血を分けられ、不死身の身体を得た、黒髪長髪の男性。サヤと共にロシアの帝都・ペテログラードに入り、翼手探索を行うことになった。チェロの演奏に長けており、腕を買われて皇宮の楽団に入団。内側から捜査を始める。翼手化していく人間を殺さざるを得ずに悩み苦しむサヤの心をなんとか助けようとするも、グレゴリー・ラスプーチンに捕らえられ、「不死の存在」の素晴らしさの見世物にされる。

その後ラスプーチンをシュヴァリエにした翼手の女王のディーヴァの存在を知り、サヤと共に抹殺しにいく。途中、サヤに、ディーヴァを殺したら自分を殺してほしいと告げられ、どんなことがあっても最後まで守りぬくことを誓う。

登場作品

1916年、ロマノフ王朝時代のロシア。人に化けた吸血生物・翼手を倒すため、翼手に対抗する組織・「赤い盾」の一員サヤとハジはペテログラードを訪れる。徐々に王族周辺の人物たちと交流を重ねるサヤ。しかし彼女...