ハヌマン

ハヌマン

最終戦争シリーズ(漫画)の登場人物。別称、猿。

登場作品
最終戦争シリーズ(漫画)
正式名称
ハヌマン
ふりがな
はぬまん
別称
関連商品
Amazon 楽天

概要

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『猿神の迷宮』の主人公。髪を剃って左側頭部に封印の文様を描いている。ソマ族の戦士。ハヌマンとは猿神のこと。曽祖父の代から秋吉唱を追い続け、常に唱に殺されているらしい。幼いころから唱を追い続けたために、その気持ちはすっかり恋へと転化している。9人兄弟の長兄で、家はソマの村にあるが普段は山の中の洞窟で暮らしている。

カトマンズでの西塔小角の一番の友人。しばしば会う大槻笑デーヴァダッタだが敵ではないと認識しており、エネルギー切れで倒れているところを拾うと、洞窟の家の樹脂加工した押し入れに放り込んでいた。

関連人物・キャラクター

西塔 小角

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『ファーストコンタクト』『トルント沼沢地』『夢魔』『笛吹伝説』『放電空間』『雨の降る日は天気が悪い』『とっくりタヌキ』『きつね雨』『ケサラン パサラン』『地平線の銀... 関連ページ:西塔 小角

関連キーワード

ソマ

『最終戦争シリーズ』に登場するグループ。デーヴァダッタの存在に早くから気付いて、長い間戦ってきた一族。いながらにしてすべてのことを知る精神飛行の力を持つ生き神がトップ。デーヴァダッタと戦う戦士、デーヴ... 関連ページ:ソマ

登場作品

最終戦争シリーズ

地殻変動兵器による最終戦争以降、人類は滅亡への道をたどっている。その背後には、有史以前に火星と金星を滅ぼした、破滅をもたらす異種生命体、デーヴァダッタの影があった。活力を失った人類と、滅びをもたらすデ... 関連ページ:最終戦争シリーズ

SHARE
EC
Amazon
logo