ハラキリシュート

ハラキリシュート

侍ジャイアンツ(漫画)で番場蛮が投げた魔球。

登場作品
侍ジャイアンツ(漫画)
正式名称
ハラキリシュート
関連商品
Amazon 楽天

概要

読売ジャイアンツと南海ホークスの日本シリーズで、が足の爪を割る負傷をする。痛みに足をかばいながら投げたボールが、ナチュラル・シュートだった。しかも、かなり鋭角に曲がって打者の腹をかすりそうなことから、ハラキリシュートと名がついた。この魔球により、読売ジャイアンツはV9を達成する。

登場作品

侍ジャイアンツ

1970年代。土佐生まれの、八方破れな自称サムライの高校生番場蛮が主人公。紳士野球を変えたいと、読売ジャイアンツ監督の川上哲治が蛮を入団させる。そこで、蛮は独自の魔球を考案。血のにじむような努力と根性... 関連ページ:侍ジャイアンツ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
侍ジャイアンツ
logo