ハンネス・ヴォルフガング・リヒター

『変奏曲』シリーズ(漫画)の登場人物。別称、ウォルフ。リヒター伯、アレン・フレデリク・リヒターとは親族関係にある。

  • ハンネス・ヴォルフガング・リヒター
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
『変奏曲』シリーズ(漫画)
正式名称
ハンネス・ヴォルフガング・リヒター
別称
ウォルフ

総合スレッド

ハンネス・ヴォルフガング・リヒター(『変奏曲』シリーズ)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

2歳の頃、両親が事故で死亡し、孤児院で暮らしていたが、リヒター夫妻に引き取られる。その伯父で熱心な音楽愛好家であるリヒター伯に才能を見いだされ、かわいがられていた。真面目な優等生だが、しばしば発作に襲われており、後にファロー四徴症と判明する。アンリエット・リヒターは生き別れていた実の妹。

アレン・フレデリク・リヒターの父親。

登場人物・キャラクター

ハンネス・ヴォルフガング・リヒターの音楽的才能を見いだし、かわいがった。サロンに呼ぶなど彼のためにさまざまな芸術家と交流を持った。ハンネス・ヴォルフガング・リヒターがヴィレンツ音楽院に入学すると同時に...
ハンネス・ヴォルフガング・リヒターの息子。父の死後、エドアルド・ソルティにかわいがられ、期待されて育つ。ニーノ・アレクシス・ソルティよりも1年年長であるため、周囲の期待に応えようと努力している。

登場作品

ハンネス・ヴォルフガング・リヒターは天才音楽家だが、たびたび発作を起こしており、本人も余命わずかなことを悟っていた。彼の演奏に感銘を受け自身も音楽家となったエドアルド・ソルティや、若き評論家ホルバート...