ハンブル

ハンブル

のらくろ(漫画)の登場人物。

登場作品
のらくろ(漫画)
正式名称
ハンブル
関連商品
Amazon 楽天

概要

ブルドックの血が流れる雑種犬。初登場時の階級は上等兵。ゴリラとの戦争では斥候隊のリーダーを任されていた。その後のらくろと時を同じくして猛犬士官学校に入学、彼と親睦を深める。将官入りした後与えられた宿舎はのらくろと隣同士であり、よく行動を共にするように。

比較的真面目な性格であり勇猛、知恵も持ち合わせている。最初は階級が上だったのらくろに敬語で話していたものの、同階級となってからはタメ口で会話する。

関連人物・キャラクター

のらくろ

手足や、顔の半分以外が真っ黒な毛で覆われ、人語を話す雑種犬。忠犬ハチ公や、西郷隆盛のペットだった犬の血を引いていると推測されているが、物心つく前に孤児となっていたために家族については全く覚えていない。... 関連ページ:のらくろ

関連キーワード

猛犬士官学校

『のらくろ』に登場する施設。猛犬の士官が学ぶ学校。ブル連隊長のいとこ、テキサス大佐が生徒隊長を務める。高度な戦術を教わることもあり、また訓練も厳しい。

登場作品

のらくろ

黒い雑種犬・のらくろが猛犬連隊に所属し、軍功を重ねて出世していく様を描いた戦争漫画。田河水泡の代表作であり、キャラクター商品も多く発売された。戦時中、日本軍からの指令で一時連載を打ち切るも、戦後にのら... 関連ページ:のらくろ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
のらくろ
集団・組織
場所
logo