バイオレンスジャック ジャンヌ編

巨大地震により、日本から分断され、無法地帯となってしまった関東を舞台にした文明崩壊もの。忽然と現れた謎の巨人・バイオレンスジャックを軸に、地獄と化した関東で逞しく生き抜こうとする人々の姿を描く。週刊誌、月刊誌、青年誌と掲載誌を変えながら、完結まで17年の歳月を要した永井豪の最大長編。過去作品のキャラクターが多数登場するのも特徴で、永井豪漫画の集大成ともいえる。終盤、同作者の代表作『デビルマン』と物語がつながり、その続編と位置付けられた。主人公を変えた約30編の物語から成る群像劇で、「ジャンヌ編」では幼少時のトラウマから心を閉ざしたズバ蛮の姉・ジャンヌと一兵士の愛を描く。また、関東の覇権をめぐり、スラムキングと逞馬軍の戦いが激化していく様子も描かれる。永井豪『ズバ蛮』『鉄の処女JUN』の登場人物をモチーフにしたキャラクターが登場。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
バイオレンスジャック ジャンヌ編
作者
ジャンル
アクション一般
 
恋愛一般

総合スレッド

バイオレンスジャック ジャンヌ編(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

野田 五郎(バイオレンスジャック ジャンヌ編)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:36
ジャンヌ(バイオレンスジャック ジャンヌ編)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:36

新着関連スレッドもっとみる

概要

地獄地震で無法地帯と化した関東の北東部、ズバ蛮砦。ドラゴン百鬼隊の新入り、大倉波太は何をやってもダメな落ちこぼれだった。そんな波太ズバ蛮の姉・ジャンヌはやさしく手を差し伸べる。ジャンヌは砦の女神と呼ばれる女性だが、めったに姿を見せることはなく、ほとんどが部屋に閉じこもっているという。

珍しくジャンヌが外に出るのを見たズバ蛮は、波太を姉の世話係に任命する。ズバ蛮に連れられて地下室に連れていかれた波太が見たものは、頑丈な鎖に繋がれたジャンヌの姿だった。

登場人物・キャラクター

主人公
ドラゴン百鬼隊の新入り。性格は優しいが、体力に優れず百鬼隊の中では落ちこぼれ。砦の女神と呼ばれるジャンヌに気に入られ、そのお世話係を命じられる。トラウマを抱え、精神年齢が止まってしまったジャンヌを根気...
主人公
魔王スラムキングの娘でズバ蛮の姉。フランス人の母を持ち、聖女のように美しい容姿をしている。一方父譲りの異常筋肉の持ち主で、力を外に発散させるように、いつも中世騎士の重い鎧を着ている。幼少時、スラムキン...
魔王スラムキングの息子でジャンヌの弟。父譲りの筋力を持ち、刃渡り2mの斬馬刀と寸分変わらぬ戦国刀を軽々と扱う。騎馬武者軍団・ドラゴン百鬼隊を率いて、唯一関東外と接触のある経済的要地・外界空港の守備にあ...
主人公・ジャンヌの父。関東を暴力で支配しようとする魔王。「ズバ蛮編」で弱まった騎馬武者軍団ドラゴンを増強し、再び逞馬軍を叩こうとする。度々命令に反するズバ蛮を苦々しく思っており、逞馬軍一の猛将である海...
魔王スラムキングに対抗しうる一大勢力・逞馬軍の幹部。逞馬軍一の猛将として名を馳せる。スラムキング配下のドラゴンの大軍に砦を急襲され、ズバ蛮砦に追い込まれる。
魔王スラムキングに対抗しうる一大勢力・逞馬軍の幹部。「東京滅亡編」「関東スラム街編」で少年だった頃から逞馬竜のグループに所属している(当時の姓名は坂田五郎)。ドラゴンの急襲を受けた逞馬軍・海堂砦に残り...
関東の魔王スラムキングに対抗する勢力である逞馬軍のリーダー。関東西部に位置する荒鷲砦を拠点とする。逞馬軍・海堂砦の陥落と幼いころからの盟友・野田五郎の戦死を聞き、全軍を率いてドラゴン討伐に向かう。
魔王スラムキングに対抗しうる一大勢力・逞馬軍の片腕と言われる人物。逞馬竜の親友。関東の北西部に位置する逞馬軍・黒鷲砦を守っていたが、「ズバ蛮編」でズバ蛮に落とされた。黒鷲隊を率い、ズバ蛮砦に進撃する海...

場所

関東の北東部に位置し、関東外界との唯一の接触地であり経済基盤の拠点でもある外界空港を守るズバ蛮の砦。ドラゴンの大軍さえ蹴散らすほどの巨大な列車砲を、スラムキングに内密に装備していた。