バイオレンスジャック ハイパーグラップル編

バイオレンスジャック ハイパーグラップル編

巨大地震により、日本から分断され、無法地帯と化してしまった関東を舞台にした文明崩壊もの。忽然と現れた謎の巨人・バイオレンスジャックを軸に、地獄と化した関東で逞しく生き抜こうとする人々の姿を描く。週刊誌、月刊誌、青年誌と掲載誌を変えながら、完結まで17年の歳月を要した永井豪の最大長編。過去作品のキャラクターが多数登場するのも特徴で、永井豪漫画の集大成ともいえる。終盤、同作者の代表作『デビルマン』と物語がつながり、その続編と位置付けられた。主人公を変えた約30編の物語から成る群像劇で、「ハイパーグラップル編」ではグラップラー(格闘士)・鋼光一が登場。超能力者・朱紗真悟が支配するアクアポリス未来市で行われるハイパーグラップル大会での死闘が描かれる。永井豪の『アイアインマッスル』をモチーフにした一編で、『ガクエン退屈男』や『凄ノ王』のキャラクターも登場。

正式名称
バイオレンスジャック ハイパーグラップル編
作者
ジャンル
アクション一般
 
格闘
関連商品
Amazon 楽天

概要

巨大地震で文明が崩壊し、無法地帯と化した関東が舞台。ハイパーグラップル(超格闘技)の試合にあぶれたアイアンマッスルこと鋼光一は、道行くものから金銭を奪い取る追い剥ぎを行っていた。そこに通りかかったのが女性グラップラー、ファイアー・ビーナス。彼女によれば、2か月後に超能力者・朱紗真悟が支配するアクアポリス未来市で賞金8000万円のハイパーグラップル・トーナメントが開催されるという。

未来市へ行く決意をした光一の前に謎の怪物バイオレンスジャックが現れる。

登場人物・キャラクター

主人公

アイアンマッスルのリングネームを持つグラップラー(格闘士)。父は元プロレスラー・鋼勇次郎。リング上の事故で植物状態になった父の仇を討つためにプロレスラーになり、関東地獄地震後はハイパーグラップル(超格... 関連ページ:鋼 光一

関東地獄地震で無法地帯と化した関東に忽然と現れた身長2m20cmの巨人。刃渡り40cmの鉈のようなジャックナイフを武器とする。グラップラー(格闘士)である鋼光一と組み合った際、謎の光を浴びせて光一をパ... 関連ページ:バイオレンスジャック

女性のグラップラー。戦う女神、炎の戦士(ファイター)と呼ばれ、男性と戦って負け知らずという強者。ハイパーグラップル・トーナメントに出場するため、アクアポリス未来市に向かう。鋼光一と恋におち一夜を共にし... 関連ページ:ファイアー・ビーナス

死刑を免れるために関東に逃げ込んだ元過激派ゲリラ。眉間の傷がトレードマーク。親友の身堂竜馬とともに朱紗真悟が支配するアクアポリス未来市に流れ着くが、並外れた精神エネルギーが危険だと判断され、朱紗真悟に... 関連ページ:早乙女 門土

早乙女門土の親友で門土と同じく元過激派ゲリラ。死刑を免れるため関東に逃げ込んだ。女性と見まがうかのような美しい顔と長髪が特徴。親友の門土とともに朱紗真悟が支配するアクアポリス未来市に流れ着くが、並外れ... 関連ページ:身堂 竜馬

魔王スラムキングと関東の勢力を二分する魔人。魔界である異次元のエネルギーを自在に使いこなす。関東地獄地震により荒廃した関東を受け入れられず、自らのイメージでアクアポリス未来市の建造物や人間を創り上げる... 関連ページ:朱紗 真悟

朱紗 真弓

凄ノ王・朱紗真悟の娘。父と同じく超能力者で、本来は少女だが、大人の女性に姿を変えることもできる。「ドラゴンの砦編」では、村野誠・咲子夫婦に金目当てでスラムキングに売られそうになる。永井豪の漫画『凄ノ王』に登場する同名キャラクターがモデル。

合田

凄ノ王・朱紗真悟に仕える部下。超能力者。ハイパーグラップルに参加した鋼光一が謎のエネルギーに包まれており、心が読めないと朱紗真悟に報告する。永井豪の漫画『凄ノ王』に登場する同名キャラクターがモデル。

鋼 勇次郎

主人公・鋼光一の父でプロレスラー。関東地獄地震前に行われたオーディン・ザ・グレート選手との試合に負け植物状態になる。地獄地震後の消息は不明。永井豪の漫画『アイアインマッスル』に登場する同名キャラクターがモデル。

世界でもトップクラスのグラップラー。リングネームはサタン・ザ・キッド。両手に仕込んだ刀でのラリアートが最大の武器。アクアポリス未来市で開催されたハイパーグラップル・トーナメントに参加。親友のゴーレムマ... 関連ページ:デビッド・エルマー

世界でもトップクラスのグラップラーで親友のデビッド・エルマーと、アクアポリス未来市で開催されたハイパーグラップル・トーナメントに参加。アイアンマッスル・鋼光一との試合で首をねじ切られて絶命する。永井豪... 関連ページ:ゴーレムマン

タイガーマン・オレゴン

凶暴凶悪ベンガルの虎の異名を持つ強豪グラップラー。デビッド・エルマー(サタン・ザ・キッド)と対戦し、エルマーのラリアートであっさり首をはねられる。永井豪の漫画『アイアインマッスル』に登場するジェットタイガー・オルゴンがモデルで、『バイオレンスジャック』とは逆に自分がラリアートを必殺技としていた。

場所

アクアポリス未来市

東京湾上に建てられた海洋浮上都市で、残酷なハイパーグラップルをはじめ、関東の無法地帯でしかできないあらゆる悪事を行う悪魔のレジャーランド。関東地獄地震当時建設途中だったものを朱紗真悟が完成させたとされるが、実はすべてが凄ノ王・朱紗真悟のイメージで創り上げられた幻想である。

その他キーワード

ハイパーグラップル

『バイオレンスジャック ハイパーグラップル編』に登場する超格闘技。関東地獄地震後に登場したプロスポーツ。鎧をつけたプロレスのような格闘技で、古代ローマの剣闘士の戦いに近い。選手たちをグラップラーと呼ぶ。

SHARE
EC
Amazon
logo