バイオレンスジャック 天馬編

バイオレンスジャック 天馬編

巨大地震により、日本から分断され、無法地帯と化してしまった関東を舞台にした文明崩壊もの。忽然と現れた謎の巨人・バイオレンスジャックを軸に、地獄と化した関東で逞しく生き抜こうとする人々の姿を描く。週刊誌、月刊誌、青年誌と掲載誌を変えながら、完結まで17年の歳月を要した永井豪の最大長編。過去作品のキャラクターが多数登場するのも特徴で、永井豪漫画の集大成ともいえる。終盤、同作者の代表作『デビルマン』と物語がつながり、その続編と位置付けられた。主人公を変えた約30編の物語から成る群像劇で、「天馬編」では、地獄の風というならず者集団を壊滅させたバイオレンスジャックに憧れを持った少年・天馬三郎が登場。ジャックとの出会いから数年後、筋骨たくましく成長した天馬が、ゲリラ軍を率いてスラムキング配下のドラゴン騎馬軍団やヤクザ集団・外道会と戦う姿を描く。永井豪『おいら女蛮』の主人公・女蛮子をモデルにしたキャラクターが登場。

正式名称
バイオレンスジャック 天馬編
作者
ジャンル
アクション一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

巨大地震で無法地帯と化した関東が舞台。かつて、ならず者集団・地獄の風に立ち向かおうとした正義感溢れる少年・天馬三郎は15歳になっていた。天馬は、地獄の風を壊滅させたバイオレンスジャックに憧れ、闇雲に体を鍛え上げ筋骨たくましい大男に成長した。ジャック同様、スラムキングと戦う男の一人になりたくて、ゲリラ軍を結成。

キング配下の騎馬武者軍団ドラゴンの砦への襲撃を繰り返していた。ゲリラ軍に手を焼いたドラゴンは、関東のはみだしヤクザ・外道会を雇い、天馬の始末を依頼。外道会の魔の手が、三郎の恩師・立花恵子先生に迫っていた。

登場人物・キャラクター

主人公

筋骨たくましい15歳。小学生の時に、ならず者集団・地獄の風に対抗しようとした正義感溢れる少年。地獄の風を壊滅させたジャックに憧れ、無我夢中で体を鍛え上げ、ゲリラ軍のリーダーになった。鮮やかな手口で次々... 関連ページ:天馬 三郎

立花 恵子

天馬三郎の恩師。小学校教師。逞しく成長した天馬三郎を頼もしく思いつつも、ためらいなく人を殺す天馬に躊躇し、過剰な暴力を嗜める。ドラゴンに雇われたヤクザ・外道会にさらわれ、天馬をおびきだす道具にされる。

女 蛮子

天馬軍配下のゲリラ。普段は暴力バーを経営しており、女装して男性を店に連れ込み、身ぐるみを剥いで稼ぐ。顔は可愛いが喧嘩はめっぽう強い。永井豪『おいら女蛮』の同名主人公がモデル。

スラムキング

関東を暴力で支配しようとする魔王。自分に逆らう者には一切の容赦をしない恐怖の暴君。逞馬竜の荒鷲軍団に奪われたクラーケン農場を奪回するために陣を構えていたところに天馬三郎によるドラゴン黄竜隊襲撃の知らせを受ける。側近たちの進言もあり、逞馬軍への攻撃を遅らせ、ドラゴン魔獣隊を天馬討伐に向かわせる。

バイオレンスジャック

関東地獄地震で無法地帯と化した関東に忽然と現れた身長2m20cmの巨人。刃渡り40cmの鉈のようなジャックナイフを武器とする。立花恵子を取り戻すために、単身外道会に殴り込んだ天馬三郎の危機を感じ取り、エネルギーを飛ばし、天馬に乗り移る。

集団・組織

ドラゴン黄竜隊

『バイオレンスジャック 天馬編』に登場する組織。関東の魔王スラムキング配下の騎馬武者軍団ドラゴンの一隊。隊長の名は木戸原。ハニー如月によって破壊された魔王城再建のための労働者を集めている。捕虜に化けた天馬三郎によって壊滅させられる。

ドラゴン魔獣隊

『バイオレンスジャック 天馬編』に登場する組織。関東の魔王スラムキング配下の騎馬武者軍団ドラゴンの一隊。隊長は元プロレスラー・獣人。相撲取りやレスラーなどの巨漢が集まった怪力軍団で、ドラゴンの中でも屈指の凶暴・残虐な部隊。天馬三郎に急襲されたドラゴン黄竜の砦奪回に向かう。

ドラゴン赤竜隊

『バイオレンスジャック 天馬編』に登場する組織。関東の魔王スラムキング配下の騎馬武者軍団ドラゴンの一隊。隊長の名は赤竜。天馬三郎の捜索をヤクザ・外道会に依頼する。また、砦を天馬に襲われ、打撃を受ける。

外道会

『バイオレンスジャック 天馬編』に登場する組織。日本全国の暴力団からはみだした連中が無法地帯と化した関東に流れ込んでできたヤクザ組織。その名の通り外道な行いで知られる。ドラゴン赤竜隊隊長・赤竜の依頼により、天馬三郎の捜索を請け負う。天馬をおびき寄せるために、その恩師である立花恵子をさらう。

SHARE
EC
Amazon
logo