バイオレンスジャック 炎の魔人編

バイオレンスジャック 炎の魔人編

巨大地震により、日本から分断され、無法地帯となってしまった関東を舞台にした文明崩壊もの。忽然と現れた謎の巨人・バイオレンスジャックを軸に、地獄と化した関東で逞しく生き抜こうとする人々の姿を描く。週刊誌、月刊誌、青年誌と掲載誌を変えながら、完結まで17年の歳月を要した永井豪の最大長編。過去作品のキャラクターが多数登場するのも特徴で、永井豪漫画の集大成ともいえる。終盤、同作者の代表作『デビルマン』と物語がつながり、その続編と位置付けられた。主人公を変えた約30編の物語から成る群像劇で、「炎の魔人編」では、妖怪退治を生業とする3人の超能力者が登場。魔王スラムキングに雇われて妖怪退治を行う3人とバイオレンスジャックの死闘を描く。永井豪の漫画『ドロロンえん魔くん』をモチーフにした一編。

正式名称
バイオレンスジャック 炎の魔人編
作者
ジャンル
アクション一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

地獄地震で無法地帯と化した関東に妖怪や魔物の類が現れだした。そんな時、マントにステッキ、とんがり帽子といった異様な格好をした青年が、魔王スラムキングの居城・魔王城を訪ねてくる。青年は名を炎魔といい、炎を自在に操る超能力者だった。関東に現れる妖怪・魔物は、スラムキングの心の不安が原因だといい、その不安を取り除くために妖怪退治を引き受けるという。

原因不明の焦り、不安を持っていたキングは炎魔に純金を与え、妖怪退治を依頼する。

登場人物・キャラクター

炎魔

ステッキで炎を自在に操る超能力者。とんがり帽子を被り、マントに身を包む青年。バイオレンスジャックとの戦いで、鳥の怪物のような姿に変身する。永井豪『ドロロンえん魔くん』の主人公・えん魔くんがモチーフ。

氷の超能力者

物体を瞬時に凍らせることができる超能力者。丈の短い白い着物を着た雪女のような人物。少年のジャックを誘惑し、凍らせようとする。永井豪『ドロロンえん魔くん』の登場人物・雪子姫がモチーフ。

カッパのような男

アクアラングを背負っており、海中での戦いが得意。女のジャックを相手に、河童姿に変身して犯す。永井豪『ドロロンえん魔くん』の登場人物・カパエルがモチーフ。

バイオレンスジャック

関東地獄地震で無法地帯と化した関東に忽然と現れた身長2m20cmの巨人。刃渡り40cmの鉈のようなジャックナイフを武器とする。関東に現れた妖怪や魔物の存在を危険視しており、その同類である炎魔と闘う。

女のジャック

謎の巨人バイオレンスジャックの分身。ボロマントの下に逞しくグラマーな体を持つ女性。主な武器はムチ。カッパのような男に組み伏せられて犯されるが、最終的には河童の腹から甲羅を突き破って倒す。

少年のジャック

少年の姿をしているが、バイオレンスジャックの分身で人間離れした力を持っている。氷の超能力者の水浴びをのぞき見、凍らされる。二度目の対決でも氷の超能力者の誘惑に惑わされ、窮地に立つ。

関東を暴力で支配しようとする魔王。鍛え上げた1cmもある鉄板でできた鎧や兜、面あてを着こんでおり、鎧兜の総重量は300kgにもなる。常に外に向かって力を発揮しないと自身の骨や内臓を押しつぶしてしまう異... 関連ページ:スラムキング

SHARE
EC
Amazon
logo