バイオレンスジャック

バイオレンスジャック

概要

熊用の落とし穴に落ちていた身長2m50cmの巨人。クラーケンの人狩り部隊により奴隷農場に連れてこられ、暴れないように目をつぶされた。さらに鎖で繋がれ徹底した監視体制のもと巨人奴隷として使役される。次第に奴隷たちの希望の光となり、菊野雪とともに奴隷反乱の中心となる。

また分身である少年のジャックを関東の雄・逞馬竜のもとに送り、クラーケン農場を外から攻撃させる。

関連人物・キャラクター

クラーケン

異様なマスクを被る2m近い大男。残虐で奴隷を虫けらのように扱うため、地獄の農場主と呼ばれる。スラムキングの配下。関東地獄地震で海中から隆起した土地を開拓し、大農場を作る。関東のあらゆる場所で人狩りを行い、自分の農場の奴隷にする。関東地獄地震前の記憶が無く、自分がどこの誰かわからない。

関連キーワード

クラーケン農場

関東地獄地震による地殻変動で海中から隆起した土地に作られた農場。農場主はクラーケン。人狩りで集めてきた人間を虫けらのように扱う非人道的な農場。スラムキングの米蔵と呼ばれる。

登場作品

バイオレンスジャック 奴隷農場編

巨大地震により、日本から分断され、無法地帯と化してしまった関東を舞台にした文明崩壊もの。忽然と現れた謎の巨人・バイオレンスジャックを軸に、地獄と化した関東で逞しく生き抜こうとする人々の姿を描く。週刊誌... 関連ページ:バイオレンスジャック 奴隷農場編

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
菊野 雪
場所
logo