バグ戦争

バグ戦争

バイオーグ・トリニティ(漫画)に登場する用語。読みは「ばぐせんそう」。

登場作品
バイオーグ・トリニティ(漫画)
正式名称
バグ戦争
ふりがな
ばぐせんそう
関連商品
Amazon 楽天

概要

バイオバグの混乱で起こった戦争。この戦争は解除薬が開発されるまで続いた。略歴:2014年 第1次バグ戦争―太平洋艦隊と融合し反乱したバグ部隊とアメリカ軍の武力衝突 ;2018年 第2次バグ戦争(第3次世界大戦)―洗脳したバグ兵士と、兵器と融合した非人道兵器が出現 ;2021年 バグ独立戦争―バグ患者が旧オーストラリアに結集、独立を宣言 ;2025年 バグ憲章の制定―バグ患者の基本的権利を定めた世界宣言が採択される。

登場作品

バイオーグ・トリニティ

「バイオ・バグ」という、手に穴が開き、吸い込んだものと人間が融合してしまう病気が蔓延、発症者は「穴あき(バグラー)」と呼ばれる世界。高校生の藤井はクラスメイトである「穴あき(バグラー)」の少女、榎本芙... 関連ページ:バイオーグ・トリニティ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
バイオーグ・トリニティ
logo