バドー

バドー

イノセンス(アニメ映画)の主人公。

登場作品
イノセンス(アニメ映画)
正式名称
バドー
ふりがな
ばどー
関連商品
Amazon 楽天

概要

2032年の日本の治安機関公安9課の刑事。全身のほとんどを機械に置き換える義体化をしているサイボーグであり、センサー搭載の義眼や人間以上の力を発揮する人口筋肉などを装備している。無口で冷静沈着だが、内心には三年前に電脳世界へと姿を消した元パートナーの草薙素子への強い想いを秘めている。

現在は同僚のトグサとコンビを組んで、女性型愛玩用アンドロイドであるガイノイドタイプ2052・ハダリ暴走事件を追うが、旧知のハッカーキムから電子頭脳をハッキングされて苦しむ。

愛犬家で、自宅にバセットハウンドのガブリエルCを飼っている。白髪のポニーテールがトレードマークである。

関連人物・キャラクター

ガブリエルC

『イノセンス』に登場する犬。バドーが飼っている雌のバセットハウンド。クローン犬であり、名前の「C」はクローンであることを意味する。元パートナー草薙素子が電脳世界に失踪して以来、バドーにとって唯一の心の... 関連ページ:ガブリエルC

タイプ2052・ハダリ

『イノセンス』に登場するロボット。日本北部の択捉経済特区に本拠地のあるロボットメーカーロクス・ソルス社が生産している愛玩用女性アンドロイドであるガイノイド。少女の姿をしており、密かに性器を有する高性能... 関連ページ:タイプ2052・ハダリ

ガイノイド

『イノセンス』に登場するロボット。女性型アンドロイドのこと。ロボットメーカーロクス・ソルス社は、その愛玩用機種であるタイプ2052・ハダリを製造、販売し、好評を得ていた。 関連ページ:ガイノイド

草薙素子

陸軍特課501機関に所属する完全義体サイボーグ。階級は三佐。上官であり恩師でもあるマムロ中佐の死の真相を知るべく、単独で事件を追い始める。 関連ページ:草薙素子

トグサ

新浜県警刑事部の特捜刑事。マムロ中佐殺害事件を追っていたが、上層部からの圧力で捜査ができず苛立っていた。 関連ページ:トグサ

キム

職人。お金第一主義の女子寮の先輩。生徒から理不尽な理由で金品を巻き上げるため「女子寮の魔女」と呼ばれている。NOTクラスに所属。 関連ページ:キム

関連キーワード

義体化

『イノセンス』に登場する技術。2032年の世界において、人間の肉体を機械化する技術の総称。バドーを初め、多くの人間がこの処置を受けてサイボーグとなっている。 関連ページ:義体化

公安9課

登場作品

イノセンス

実用化された様々なロボットが社会に定着し、多くの人間が機械化、電脳化されている2032年の日本。女性型アンドロイドであるガイノイドが暴走し、人間を殺す事件が連続して発生した。日本政府の治安機関公安9課... 関連ページ:イノセンス

SHARE
EC
Amazon
logo