バベルの塔のコンピューター

バビル2世(漫画)に登場するコンピューター。読みは「ばべるのとうのこんぴゅーたー」。

  • バベルの塔のコンピューター
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
バビル2世(漫画)
正式名称
バベルの塔のコンピューター
ふりがな
ばべるのとうのこんぴゅーたー

総合スレッド

バベルの塔のコンピューター(バビル2世)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

バベルの塔の全てを統御している超高性能コンピューター。宇宙人バベルの宇宙船を制御していたコンピューターが転用されたものと推測される。自律思考型コンピューターであり、人口音声にて会話することができる。バビル2世にとって必要なデータを常に提供し続けるが、回答がはばかられる情報を問われた時には、とぼけることもある。

登場人物・キャラクター

平凡な中学生だったが、バベルの塔からの電波を感じ取ったことで力を認められ、塔の正当な主となり、バビル2世を名乗った。宇宙人である先祖バビルの能力を受け継ぎ、超人的な運動能力と回復能力を持ち、様々な超能...

関連キーワード

『バビル2世』に登場する秘密の塔。バビル2世が住む。宇宙人バベルによって5000年前に建造された科学の要塞で超高性能コンピュータによって全てが管理されている。中東の某国の砂漠の中に立地し、普段は人口砂...

登場作品

平凡な中学生だった 山野浩一は、不思議な電波を感じ取ったことでバベルの塔に招かれる。宇宙人バビルの子孫であることが認められた浩一は「★バビル2世」となり、コンピュータが管理するバベルの塔と強大な三つの...