バラダット・ナイブス

惑星をつぐ者(漫画)の主人公。

  • バラダット・ナイブス
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
惑星をつぐ者(漫画)
正式名称
バラダット・ナイブス
ふりがな
ばらだっとないぶす

総合スレッド

バラダット・ナイブス(惑星をつぐ者)の総合スレッド
2016.08.10 14:55

概要

惑星マリスの全住民を一人で虐殺したとされ、全宇宙で最高額の賞金をかけられ、指名手配されている。マリスの科学者であり、人類が宇宙により適応し、種として生き延びるための研究をしていた。研究の結果、「特殊細胞」(タフブースター)と呼ばれる細胞を生み出したが、これをJに悪用され、マリス星の人間たちを自らの手で絶滅させることとなった。

特殊細胞は人間の肉体が耐えられなくなるという不完全なものであったが、ナイブスは適性があったため、強靭な肉体を手に入れている。また特殊細胞を得た後、自在剣(スパイラル・ナイフ)という、精神力で操る定型のない剣を使う事ができるようになった。現在は、マリス星の仇であるJを追って宇宙を旅している。

感情はあまり表に出さず、やや皮肉屋な面がある。

登場作品

バラダット・ナイブスは、灼熱の星・ダウロスで行き倒れていたところを、この星の奴隷労働者マットに救われる。マットは病を得た盲目の女性・ユカと二人暮らしをしており、日中は星の支配者であるバルカス種族のもと...