バン

バン

七つの大罪(漫画)の登場人物。別称、強欲の罪のバン。

登場作品
七つの大罪(漫画)
正式名称
バン
別称
強欲の罪のバン
別称
不死身のバン
関連商品
Amazon 楽天

概要

「七つの大罪」の一員。狐の印を左わき腹に刻む。メリオダスとは互いに数少ない「本気で戦っても大丈夫」な相手で、ときに衝突することはあっても信頼は強い。表面的には軽薄にふるまい、語尾に「♪」が付くのが特徴。また、意外なほど料理が得意。もとは「賊の(バンデッド)バン」の異名を持つ盗賊だったが、「永遠の命」を狙って「妖精王の森」に足を踏み入れ、「不死の泉」の番人であったエレインと親交を深める。

しかし魔神族の襲撃を受けてエレインを失い、その際に泉の水を口にしたことから「不死身の(アンデッド)バン」となった。使用する魔力は「強奪(スナッチ)」。戦闘相手の体力や能力を奪って使うことができる。

本来は神器「聖棍クレシューズ」を持つが、登場時点では所在不明となっている。

関連人物・キャラクター

メリオダス

「豚の帽子亭」の店主。左の腕に龍の印が刻まれている。見た目は少年のような姿だが、かつてはダナフォール王国の聖騎士団団長も務めた実力者。魔族の血が混じっており、10数年前から外見が変わっていない。極度の... 関連ページ:メリオダス

登場作品

七つの大罪

とある事情から反逆者として手配されているメリオダスが、国の荒廃した現状を嘆く王女・エリザベスと出会い、かつて共に戦った仲間たちを探しながら旅を続けていく冒険ファンタジー。講談社の発行する少年漫画雑誌「... 関連ページ:七つの大罪

SHARE
EC
Amazon
logo