パイド・パイパー

パイド・パイパー

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド(漫画)に登場する用語。

登場作品
ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド(漫画)
正式名称
パイド・パイパー
ふりがな
ぱいどぱいぱー
関連商品
Amazon 楽天

概要

元々は吸血による支配の裏をかくために「ツェペッシュ公家」が開発していたナノマシン。老廃物を原料に自己増殖する。開発が凍結されていたものが盗まれ完成品が作られた。ミナ・ツェペッシュに使用された事件をきっかけに様々な亜種が開発可能となる。機能や動作は遠隔からプログラム可能である。

登場作品

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド

鏑木アキラは17歳の誕生日、7年前の誓約によりヴァンパイアの王ミナ・ツェペッシュの側に侍る事になる。アキラは代々ヴァンパイアの公主に仕える地の一族、人狼(ワーウルフ)の一員であった。そしてミナは、東京... 関連ページ:ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo