パイヴァ

パイヴァ

風と木の詩(漫画)の登場人物。セルジュ・バトゥールとは親族関係にある。

登場作品
風と木の詩(漫画)
正式名称
パイヴァ
関連商品
Amazon 楽天

概要

高級娼婦(ココット)を生業としており、ジョルジュ・ルイ・ガルジェレの愛人として囲われていたが、アスラン・バトゥールと深く愛し合い、駆け落ちする。アスラン・バトゥールが亡くなったあと、セルジュ・バトゥールをひとりバトゥール子爵家へ預ける。後に駆け落ちした先の村で結核により死亡する。

関連人物・キャラクター

ジョルジュ・ルイ・ガルジェレ

パイヴァを囲っている老人。侯爵の地位にあり、社交界で絶大な権力を誇る。 関連ページ:ジョルジュ・ルイ・ガルジェレ

セルジュ・バトゥール

『風と木の詩』の主人公のひとり。黒い瞳、とび色の肌をした混血の少年。14歳。生真面目な性格で、ピアニストとして高い才能を持つ。子爵家の跡取りであった父アスラン・バトゥールとジプシーの高級娼婦パイヴァの... 関連ページ:セルジュ・バトゥール

登場作品

風と木の詩

世界観物語の舞台は、一九世紀後半のフランス。全二部で構成されており、第一部は南フランスのプロバンス地方のアルルにある、ラコンブラード学院を中心に進行する。貴族と高級娼婦の間に生まれたセルジュ・バトゥー... 関連ページ:風と木の詩

SHARE
EC
Amazon
logo