パウルマンの生徒

パウルマンの生徒

からくりサーカス(漫画)の登場キャラクター。読みは「ぱうるまんのせいと」。

登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
パウルマンの生徒
ふりがな
ぱうるまんのせいと
関連商品
Amazon 楽天

概要

アメリカ・イリノイ州にあるレイ疫病研究所を襲撃した自動人形(オートマータ)たち。パウルマンの部下で、パウルマンのことを「先生」と呼んでいる。全員、白い帽子に白いスーツを着ており、口から注射器のような装置を出して、それで人間の血を吸う。耐久力は70mmロケット弾を受けてもびくともしないほどで、足のスプリングと腹から出る噴射で飛行することも可能。

腕からは爆弾やブレードを出すことができ、集団で襲ってくるため、軍隊も歯が立たなかった。生徒たちには上級生と下級生がおり、性能も上級生の方が上である。「しろがね-O」のジョージ・ラローシュの必殺技、「神秘の球(ボラ・ミステリオサ)」によって下級生は簡単に破壊されたが、上級生はその回転の隙間を縫ってジョージを攻撃できた。

怒りに満ちた攻撃を放った加藤鳴海によって全滅させられた。

登場作品

からくりサーカス

拳法の達人である加藤鳴海と、莫大な財産を相続したため親族に命を狙われるようになった才賀勝、そして「しろがね」を名乗るエレオノールという女性を中心にした、人類と、人類に仇なす自動人形との戦いを描いたファ... 関連ページ:からくりサーカス

SHARE
EC
Amazon
logo