パピ

パピ

モンスター娘のいる日常(漫画)の登場人物。

登場作品
モンスター娘のいる日常(漫画)
正式名称
パピ
ふりがな
ぱぴ
関連商品
Amazon 楽天

概要

鳥類の身体を持つハーピーの少女。バスト70センチ、ウエスト51センチ、ヒップ75センチ、Aカップ。体重31キロ、翼幅は約4メートル。公人の家には2番目にやってきた。小柄で、行動が幼稚なため子供に見えるが、実際はミーアやセレアと同じくらいの年齢。3歩歩くと何もかも忘れてしまう鳥頭で、全く勉強ができず、「他種族間交流法」の意味を全く理解していない。そのため引き取るホストファミリーが見つからず、墨須が公人に押し付けた。自由気ままな性格で、あちこち勝手に遊びにいくが、公人の家にはきちんと帰ってくる。人懐っこく、誰とでも仲良くなり、近所の子供らとよく遊んでいる。羞恥心はほとんどなく、外で全裸になることも多い。公人には好意を持っており、何の悪気もなくアプローチを繰り返している。ハーピー族は、渡り鳥のように好きなときに好きなところへ行く気ままで自由な民であり、留学の話が来たときも応じるつもりはなかった。しかし、外の世界に興味を持ったパピは、里の皆には黙ってひとり家を出たのだった。スーとは特に仲がよく、いつも一緒に遊んでいる。その際は、ラクネラが姉代わりとして面倒を見ることが多い。また、ドリアードのキーを拾ってきて植えたが、それが彼女を助けることになり、彼女から強く感謝されている。好き嫌いなくなんでも食べるが、基本的に「おいしい」以外の感想がないバカ舌。公人のことは「ご主人」と呼んでいる。

登場作品

モンスター娘のいる日常

舞台はラミアやハーピー、ケンタウロスなどの他種族が存在する世界。人間と他種族の交流を目的とした法案「他種族間交流法」により、様々な他種族が社会に現れるようになった。平凡な青年、来留主公人は、ある日ホス... 関連ページ:モンスター娘のいる日常

SHARE
EC
Amazon
logo