パーマン(1967年版)

藤子・F・不二雄の同名タイトルの漫画作品『パーマン』をアニメ化。宇宙人・スーパーマンに託されて正義のヒーロー見習い・パーマンに変身した須羽ミツ夫少年らの活躍と日常を描くファンタジーギャグ作品。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
パーマン(1967年版)
ふりがな
ぱーまん
原作者
制作
東京ムービー、スタジオ・ゼロ
監督
鈴木 伸一
放送期間
1967年4月2日 〜 1968年4月14日
放送局
TBS
話数
54話
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
 
SF一般
 
ファンタジー一般

総合スレッド

パーマン(1967年版)(テレビアニメ)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

新着関連スレッド

大山 法善(パーマン(1967年版))の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:31
ブービー(パーマン(1967年版))の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:31

新着関連スレッドもっとみる

概要

主人公の須羽 ミツ夫は宇宙からやってきたスーパーマンと出会い、ヘルメット、マント、バッジのパーマンセットを託される。これをつけるとパーマンに変身し、能力を発揮することができるのだ。

ミツ夫は仲間たちとともに人助けをしたりとヒーローとしての活動を始める。

登場人物・キャラクター

主人公
スーパーマンに託されたパーマンセットを使ってパーマン1号に変身し、人助けなどのヒーロー活動を行う。活動中はコピーロボットを身代わりに置いていく。
大人気アイドルとして活躍しながら、パーマン3号としての顔も持つ。ただしアイドルであることから他のパーマンにも素顔と実名を明かさず、彼らの前では常にパーマンとしての姿で通している。ミツ夫たちからは「パー...
2歳の赤ん坊。ミツ夫がパーマンの正体であることを目撃したために、パーマンの仲間に入れられた。他のメンバーとは片言で会話する。ミツ夫たちからは「パー坊」と呼ばれる。
スーパー星からやってきた宇宙人。宇宙を飛び回ってスーパーマンの候補を探し、パーマンセットを授ける。パーマンとしての規律に厳しい一面も持つ。
『パーマン』に登場するチンパンジー。動物園にいるチンパンジーの子供だが、スーパーマンから2人目のパーマンに認定される。知能が高く、時にはミツ夫を叱責することも。
大阪の寺の息子で、パーマンとしての活動と同時にパーマンセットの力を利用して事業も営む。ミツ夫たちからは「パーやん]と呼ばれる。

クレジット

原作    
監督    
脚本 三春こうじ     浪江志摩     たむらたつお     小林準     三井偠市     中野健次     広田清    
作画     楠部大吉郎        
音楽 筒井広志    
アニメーション制作 東京ムービー     スタジオ・ゼロ    

原作

運動も勉強も苦手な冴えない小学生須羽みつ夫は、空き地で偶然出会ったヒーロースーパーマン(バードマン)に、見習いヒーローパーマンに任命される。スーパーパワーを使うことのできるパーマンセットを身に着け日夜...