ヒエロニュモス(先代)

ヒストリエ(漫画)の登場人物。エウメネスとは親族関係にある。

  • ヒエロニュモス(先代)
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ヒストリエ(漫画)
正式名称
ヒエロニュモス(先代)

総合スレッド

ヒエロニュモス(先代)(ヒストリエ)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

エウメネスの養父。カルディアの有力者。奴隷貿易が盛んなこの地方の有力者の例に漏れず、彼もまたスキタイなどの異邦人(バルバロイ)を捕えて売り飛ばす奴隷狩りを生業としていた時期があった。エウメネスを拾ったのもその時で、母親の死体を見ても表情を変えなかったエウメネスを英雄の血を持つ者と思い、養子に迎えた。

トラクスの起こした事件のさなか、命を落とす。

登場人物・キャラクター

カルディアの有力者ヒエロニュモス(先代)の次男として何不自由のない環境で育つ。古今の書物を読み漁り、神話や冒険譚から実録まで豊かな教養と知識を身につけた。トラクスが起こした事件によってヒエロニュモス(...

関連キーワード

トラキア地方の突端に位置するアテネの植民市。

登場作品

紀元前343年、ギリシア北東トラキアの都市カルディアはマケドニア軍に包囲されていた。数年ぶりにこの故郷に戻ってきたエウメネスは、同じくカルディア市内に入ろうとする、隻眼の商人アンティゴノスと出会う。こ...