ヒギンズ3世

パタリロ!(漫画)の登場人物。読みは「ひぎんずさんせい」。パタリロとは親族関係にある。

  • ヒギンズ3世
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
パタリロ!(漫画)
正式名称
ヒギンズ3世
ふりがな
ひぎんずさんせい

総合スレッド

ヒギンズ3世(パタリロ!)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

パタリロの父親。前マリネラ王国国王。2話『墓に咲くバラ』において崩御したため、作中の描写は伝聞であることが多い。享年恐らく55歳。元々心臓が弱かったのにも関わらず、テレビゲームに熱中したため心不全で死去。生前は凡庸な雰囲気の君主であったと見られていたが、発言に重みのある聞き上手な「隠れ名君」であり、凡庸さは意図的に装ったものであることがわかる。

趣味は絵画。世界各国に隠し子が数人いる。コンピュータープログラミングによる時限式メッセージを仕込むなど、様々な能力を隠し持っていた模様。エトランジュとは歳が離れてはいるものの、仲睦まじい夫婦だった。

登場人物・キャラクター

バミューダ三角水域の真ん中に存在する島国国家。人口10万人。季節は一年を通して常春。建国1800年に及ぶ古い国家で、代々マリネール王家が世襲制で君臨している。内閣や国会が存在していることから、形式上立...
マリネラ王国の少年国王。(初登場時は王子だが2話『墓に咲くバラ』で即位)10歳。誕生日は4月1日。白髪で、ふくよかな体型。容姿に関しては周囲の人々から「つぶれ肉まん」と呼ばれるようなものであるが、本人...

登場作品

イギリスの情報部MI6のジャック・バルバロッサ・バンコラン少佐は、訪英したマリネラ王国の王子パタリロ・ド・マリネール8世のボディガードを命じられる。謀略によるパタリロ暗殺を防いだバンコランだったが、そ...