ヒグマドン

ザ・ワールド・イズ・マイン(漫画)の登場人物。

  • ヒグマドン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ザ・ワールド・イズ・マイン(漫画)
正式名称
ヒグマドン

総合スレッド

ヒグマドン(ザ・ワールド・イズ・マイン)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

『ザ・ワールド・イズ・マイン』に登場する怪獣。津軽海峡を渡って青森県に上陸した、8メートルを超える熊のような巨大生物。青森県の山中ではモンちゃんに恐怖を植えつけた。その後秋田県大館市に上陸し、市街地を破壊。追ってきたハンターの飯島猛に右目を撃ち抜かれたものの、その後も山形県、宮城県と移動した。

自衛隊の懸命の攻撃にも関わらず止まることはなかったが、仙台市の中心地から西へ8km地点で突如自ら動きを停止する。その後はアメリカへ海上輸送されることになるが、輸送中の太平洋でさらに巨大化。成長を止めるために水爆が撃ち込まれた。

登場人物・キャラクター

本名も年齢も過去も不明の謎の男。モンという名前は、梶井基次郎の小説『檸檬』にちなんでトシが名づけた。倫理観や社会的通念は薄く、暴力や殺人、強姦を平気で行う。トシを引きつれ、消火器爆弾を設置しながら北海...

登場作品

消火器爆弾を設置しながら、日本を北上するモンちゃんとトシ。青森県でトシが逮捕され、モンちゃんが警察署を襲撃したことにより、2人は日本を揺るがすテロリストとしてその名を知られることになる。一方、日本の北...