ヒマラヤ山系

阿房列車(漫画)の登場人物。読みは「ひまらやさんけい」。

  • ヒマラヤ山系
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
阿房列車(漫画)
正式名称
ヒマラヤ山系
ふりがな
ひまらやさんけい

総合スレッド

ヒマラヤ山系(阿房列車)の総合スレッド
2016.08.10 14:55

概要

国有鉄道の職員で、先生の旅のお供。先生曰く、顔つきはあいまいだが言うことははっきりしている。職員用の三等乗車証を持っており、先生のお供をする時は三等に乗車することが前提。行き先々で雨に降られ、先生に「稀代の雨男」となじられる。内田百閒の弟子・平山三郎(ひらやまさぶろう)がモデル。

登場作品

一條裕子が内田百閒の「乗り鉄」紀行文を漫画化した作品。用事のない鉄道旅行に出かける内田百閒のうんちくがつづられており、昭和初期の列車文化をはじめ街の様子などが詳細に描かれている。鉄道関連監修は、梅原淳...