ヒミコ

神武(漫画)の登場人物。別称、日霊女。タギリ、ツノミとは親族関係にある。

  • ヒミコ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
神武(漫画)
正式名称
ヒミコ
ふりがな
ひみこ
別称
日霊女

総合スレッド

ヒミコ(神武)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

邪馬台国(やまとこく)の女王にして巫女。イクツヒコ、クスヒ、タギリらの母。ツノミツヌヒコテルヒメイワレヒコらの祖母。高みから人を照らす大巫女として君臨していたが、ナムジを使って於投馬(いずも)を支配しようとしたあたりから、現世の力に固執し始める。

以来、我執に囚われ、老い始めた。イワレヒコを大和纒向(まきむく)に婿に出すことを積極的に受け入れた。魏志倭人伝に伝えられる卑弥呼(ヒミコ)と日本神話の大神・天照大神(アマテラスオオミカミ)をモデルとする。

登場人物・キャラクター

ナムジの妻でツノミの母。邪馬台国の女王ヒミコを母とする。沖ノ島でツノミら3人の子供を育てたが、夫のナムジが隠れて後は、末子ツヌヒコの後見として於投馬(いずも)に住んだ。日本神話の女神で宗像三女神の多紀...
ナムジとタギリの長子。沖ノ島で育つ。父ナムジが隠れて後、相続権を持つ弟ツヌヒコと共に於投馬(いずも)に連行されるが、命を狙われ、叔父オオドシの治める大和に逃れた。その後、邪馬台国の皇子イワレヒコに仕え...

登場作品

ナムジの息子ツノミは沖ノ島で育ったが、邪馬台国の軍に侵略され、於投馬(いずも)へ連れて行かれる。於投馬の相続権を持つ弟のツノミは王にしたてられるが、何かと諍いを起こすツノミは命を狙われ、大和へと逃がれ...