ヒョウタンカブリ

ヒョウタンカブリ

火の鳥 乱世編(漫画)の登場人物。越中粉歳盛俊とは親族関係にある。

登場作品
火の鳥 乱世編(漫画)
正式名称
ヒョウタンカブリ
関連商品
Amazon 楽天

概要

都の浮浪児。浮浪児の仲間の情報を集め、殿上にいるおぶうを見つけて、弁太にしらせる。山で仙人のように暮らす我王を神サマと崇める。成長して盗賊となり、火事で死にかけたおぶうを救い出す。平家の武将、越中粉歳盛俊の忘れ形見であるが、戦で孤児となり、後に父と再会するが、親子の名乗りをする前に父を斬り殺してしまう。

最後は、昔の仲間であった源義経に斬られて死ぬ。

関連人物・キャラクター

おぶう

弁太の幼なじみで将来を約束した娘。都にあこがれる。弁太にもらった櫛がもとで家を焼かれ親を殺され、京の都へさらわれる。美貌ゆえに、平宗盛の女房、葦に拾われ、その姪として吹の方と名付けられて衣房付の典(す... 関連ページ:おぶう

神サマ

『火の鳥 鳳凰編』に登場した我王の晩年の姿。山で仙人のように暮らし、戦で孤児となったヒョウタンカブリたちから神サマと呼ばれている。源義経と弁太を引き合わせる。ボス猿の赤兵衛、山犬の白兵衛という兄弟同然... 関連ページ:神サマ

越中粉歳盛俊

平家の武将。ヒョウタンカブリの生き別れた父。息子と再会するも、自分の父だと知らないヒョウタンカブリに斬られて死ぬ。 関連ページ:越中粉歳盛俊

登場作品

火の鳥 乱世編

マタギとして暮らしていた弁太は、平家に不満を持つ貴族たちのクーデターに巻き込まれ、家を焼かれ親を殺され、恋人のおぶうを連れ去られる。おぶうを追って山を降りた弁太は源義経と出会い、おぶうへの思いを断ち切... 関連ページ:火の鳥 乱世編

SHARE
EC
Amazon
logo