ヒルデ

ヒルデ

リーゼロッテと魔女の森(漫画)の登場人物。

概要

ヴァーテリンデとの契約により、魔女になった元人間。最初にリーゼの前に姿を現した魔女で、そのときはリンゴ売りに扮して近づくも、淵月によって撃退された。怖い魔女を演じているが実は泣き虫。人を怖がらせることに成功すると、無邪気に喜ぶ一幕もある。全身黒ずくめのドレスを着用。

使い魔としてミルテを従えている。魔女の中では友好的で、リーゼと会話を重ねるうちに同居することになった。

関連人物・キャラクター

リーゼ

元領主の令嬢。腹違いの兄の謀反によってエアステス国ゼクスン領内のハイル村に追放された。元々令嬢という立場であったが、言葉遣いは男口調。ハイル村では畑仕事を率先して行い、世話をするアルトからはよく心配さ... 関連ページ:リーゼ

淵月

魔女のヒルデに襲われたリーゼを助けたことが縁で同居するようになる。実は、子供のころのリーゼとも面識のあるエンリッヒという少年だが、大魔女ヴァーテリンデに魂を抜き取られ、木で作られた人形に移された。リー... 関連ページ:淵月

登場作品

リーゼロッテと魔女の森

反逆罪でハイル村に追放されたリーゼは、畑仕事をしながらひっそりと暮らしていた。だがある日、彼女は魔女の森近くでヒルデに遭遇し襲われてしまうが、謎の男・淵月に助けられる。その後リーゼは淵月と一緒の時間を... 関連ページ:リーゼロッテと魔女の森

SHARE
EC
Amazon
logo