ビヨンド=ネテロ

HUNTER×HUNTER(漫画)の登場人物。

  • ビヨンド=ネテロ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
HUNTER×HUNTER(漫画)
正式名称
ビヨンド=ネテロ

総合スレッド

ビヨンド=ネテロ(HUNTER×HUNTER)の総合スレッド
2016.04.20 18:25

概要

ハンター協会会長のアイザック=ネテロの息子を自称する男。カキン帝国の支援を受け、人類の禁忌である暗黒大陸への進出を目論む。演説を聞いたハンター十二支んが、一瞬会長と見間違うほど雰囲気が似ている。「自分の息子を名乗る男が出たら処分しろ」という会長の指令の元、十二支んから命を狙われる。暗黒大陸への不可侵条約締結後、V5は政治的思惑からハンター協会を避けて、独自の調査団を暗黒大陸に向かわせている。

そのときのメンバーのひとりがビヨンド=ネテロである。アイザック=ネテロの忠告も聞かず、未踏のルートを辿った結果、多大な犠牲者を出すとともに新たな厄災を持ち帰った。このときの報告書は「ビヨンドレポート」と呼ばれ、国際環境許可庁に保管されている。

このこともあり、アイザック=ネテロは自分が死ぬまでビヨンド=ネテロの暗黒大陸行きを禁じ、同時にハンター協会の大陸進出もタブーとした。

登場人物・キャラクター

ハンター協会会長。人を喰ったような性格の老人。壮年の頃、自分の才能に限界を感じ、これまで自分を鍛えてくれた武道に恩を返そうと山に篭って1日1万回の正拳突きを行っていたところ、新な境地に達し才能を開花さ...

登場作品

世界観主人公の少年・ゴン=フリークスが、生まれてから一度も姿を見たことがない父親・ジン=フリークスと会うために、父と同じくプロのハンターとなり、様々な困難に立ち向かいながら仲間とともに父との再会に近づ...