ビル・ラズロック

ビル・ラズロック

ストッパー毒島(漫画)の登場人物。

登場作品
ストッパー毒島(漫画)
正式名称
ビル・ラズロック
ふりがな
びるらずろっく
関連商品
Amazon 楽天

概要

パシフィック・リーグのプロ野球球団、京浜アスレチックスの外国人選手。外野手。メジャーで3度首位打者のタイトルをとった超大物助っ人。年俸3億円で入団した。しかし年齢が44歳と高齢であり、期待通りの働きを見せることなく、シーズン途中で2軍落ち。怒りでハラワタが煮えくりかえりながらもマジメ外人ゆえに二軍でも猛練習にはげんだ。

シーズン終盤で1軍に復帰し、最終戦では4番で出場。何とかポテンヒットを打って勝利に貢献した。外観が映画評論家の水野晴郎似ていることから毒島大広に「ハルオ」というあだ名をつけられた。ともあれアメリカン・ドリームを体現してきた男であり、故郷に牧場を3つも持っている。

名前と経歴のモデルは元メジャーリーガーでロッテマリーンズに所属したビル・マドロックと思われる。

関連キーワード

京浜アスレチックス

『ストッパー毒島』に登場するプロ野球球団。パシフィック・リーグ所属。毒島大広が所属する万年最下位球団。昭和40年代に二連覇を果たすが、その後八百長がからんだ黒い霧事件を起こし、主力が大量に追放され、以... 関連ページ:京浜アスレチックス

登場作品

ストッパー毒島

素行不良により高校を退学になった主人公毒島大広が万年最下位のプロ野球チーム京浜アスレチックスに入団。ストッパーとして成長し、仲間とともに優勝を目指す野球マンガ。 関連ページ:ストッパー毒島

SHARE
EC
Amazon
logo