ピエール

傭兵ピエール(漫画)の主人公。別称、ドゥ・ラ・フルトの私生児ピエール。ジャネットとはライバル関係。

  • ピエール
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
傭兵ピエール(漫画)
正式名称
ピエール
別称
ドゥ・ラ・フルトの私生児ピエール

総合スレッド

ピエール(傭兵ピエール)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

『傭兵ピエール』の主人公の1人。フランス宰相の私生児で、25歳の若さで傭兵部隊アンジューの一角獣」の隊長を務める凄腕の戦士。隊員からは父親同様に慕われているが、敵とみなした相手に対しては、冷酷非情で仲間からも恐れられる。本質は自由とロマンを愛する男。襲おうとした少女ジャネットに神々しさを感じ、再会を約して解き放ち、絶大なカリスマでフランスを勝利へと導くラ・ピュセルとなったジャネットと再会。

共に戦い、絆を深めるが、手の届かない存在だと身を引いた。戦から離れアンジューの一角獣の面々とアランヴィルで平穏な暮らしを営んでいたが、捕虜となったジャネットを単身で救出する。

登場人物・キャラクター

『傭兵ピエール』の主人公の1人。フランスを救えと言う神の声を聞き「ジャンヌ・ダルク」を名乗り、フランスを勝利へと導いた少女。最前線で軍旗を振るう姿はカリスマ性に満ち、ラ・ピュセル(乙女)と呼ばれ兵士を...
ピエール率いる傭兵部隊アンジューの一角獣の最年少隊員。孤児として幼なじみのニコラと共に戦場をさまよっていたところをピエールに拾われた。普段は馬の世話を担当。ニコラと共に敵軍の捕虜となってしまい、多額の...

関連キーワード

『傭兵ピエール』に登場する、南フランス、プロヴァンス地方の片田舎の村。1429年にピエールが率いる傭兵部隊アンジューの一角獣に襲われ、金銀と共に若い女性を強奪される。その後、ジェノヴァで悪名を馳せた傭...
『傭兵ピエール』に登場する、ピエールが率いる傭兵部隊。緑に一角獣の軍旗を掲げることからこの名で呼ばれる。隊員総数は50人程度で、ピエールの統率力や指導能力もあって精鋭揃い。荒くれ者ばかりだが、ピエール...

登場作品

1428年、フランス。後に百年戦争と言われる戦乱の中、凄腕で知られる傭兵部隊「アンジューの一角獣」の隊長ピエールは、襲おうとした少女ジャネットに神々しさを感じ、再会を約して解き放った。その少女こそ絶大...