ピスティス・ソフィア

ピスティス・ソフィア

かりん(漫画)の登場人物。

登場作品
かりん(漫画)
正式名称
ピスティス・ソフィア
ふりがな
ぴすてぃすそふぃあ
関連商品
Amazon 楽天

概要

真紅果林の持つプシュケーの血統の最初の人物。代々のプシュケー吸血鬼たちに捧げた命を取り込んで、集合体となっているらしい。哀しい宿命を持っているが、快活な性格をしている。プシュケーの血を体に受け、心を開いた相手にだけ、そのもっとも大切にしている人物の姿で現れる。他の人間には見えないが、当人とは触れあうことも話すこともできる。

雨水健太果林とのキスの際に供血もされていたため、プシュケーの血を受けることとなり、ソフィアを果林の姿で認識するようになった。果林によって宿命から解き放たれる確信があり、果林救出のために健太に協力する。果林の鼻血を浴びていた橘友里耶にもソフィアは見え、その姿は母のものだったらしい。

登場作品

かりん

椎八場市に住む女子高生の真紅果林は、吸血鬼の一族だが、なぜか血が増える増血鬼。吸血鬼の弱点は通用せず、普通に学校に通っていた。ところが、なぜかかりんが転校生の雨水健太に近づくと血が増えてしまう。その原... 関連ページ:かりん

SHARE
EC
Amazon
logo