ファラオ3世

ファラオ3世

火の鳥 エジプト編(漫画)の主人公。読みは「ふぁらおさんせい」。別称、クラブ。

登場作品
火の鳥 エジプト編(漫画)
正式名称
ファラオ3世
ふりがな
ふぁらおさんせい
別称
クラブ
別称
エジプト王子
関連商品
Amazon 楽天

概要

古代エジプトの王。父王の命を受け、火の鳥を探してエチオピアへ赴く。洪水から火の鳥の卵を救い、お礼に血を飲ませてもらう。継母であるエジプト王妃に殺された父の跡を継ぎファラオ3世となり、同時に奴隷であるダイアを妃としたことで波紋を呼ぶ。

継母の刺客によって致命傷を負うも、火の鳥の血のおかげで死ぬことなく、深い眠りのうちに再生の時を待つ。

関連人物・キャラクター

エジプト王

エジプトの王。ファラオ3世の父。不老不死の火の鳥を捕らえ、その血を飲んで3千年の長寿をを得ようと、王子(後にファラオ3世)をエチオピアへ派遣するが、王位を狙うエジプト王妃によって、その手下である雌獅子ガロに襲われ、火の鳥の到着を待たずして死ぬ。

関連キーワード

エジプト

『火の鳥 エジプト編』の舞台となる古代国家。この国を流れるナイル河の浮き島に、天国から逃げ出した火の鳥が隠れ住む。

登場作品

火の鳥 エジプト編

火の鳥の血を飲んだエジプトの王子と女奴隷ダイアが、古代エジプト、古代ギリシア、古代ローマを舞台に、人々の争いの中で愛を貫く。『リボンの騎士』終了後、ハリウッド的歴史スペクタクルを企図して連載された、エ... 関連ページ:火の鳥 エジプト編

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
ダイア
場所
その他キーワード
logo