フィリップ

フィリップ

マリーベル(漫画)の登場人物。マリーベルとはライバル関係。

登場作品
マリーベル(漫画)
正式名称
フィリップ
ふりがな
ふぃりっぷ
関連商品
Amazon 楽天

概要

ジャンヌ・ド・モロー一筋の青年貴族。ジャンヌに強引にキスをして怒りを買ったアントワーヌを追う。マリーベルにも敵対的だったが、その演技にジャンヌと共通するものを見いだす。ロベスピエールから「青いバラの正体を明らかにすればジャンヌを助ける」と持ちかけられ、黒いバラを名乗ってイギリスにいる亡命貴族を殺害した。

マリーベルを攫って青いバラを誘い、反撃されて死亡。遺言で、手下に青いバラの正体が、ロベール・ランバートであることを伝えた。

関連人物・キャラクター

フランソワ・タル・タラン

演劇嫌いのタル・タラン家の三男。病弱で巻き毛の長髪をしている。マリーベルがコメディ・フランセーズへの入学のための紹介状に行き擦りのタル・タラン公爵からサインだけをもらったが、それを誤解して咎めた。マリ... 関連ページ:フランソワ・タル・タラン

マリーベル

金髪碧眼、吸い込まれそうな大きな瞳の美少女。フランスに生まれるが、1778年、5歳のときに家を追われ、兄とともに貨物船で対岸のイギリスに捨てられた。ドーバーにあるランバート公爵の別荘にたどり着いた後、... 関連ページ:マリーベル

登場作品

マリーベル

18世紀後半、イギリスでランバート公爵家に拾われた少女マリーベルは、後継ぎのロベールと親しくなり、愛を育む。だが、身分違いのため恋を諦め、生き別れの兄アントワーヌを探すためもあってフランスに渡る。旅芝... 関連ページ:マリーベル

SHARE
EC
Amazon
logo