フドウ

北斗の拳(漫画)の登場人物。別称、山のフドウ。

  • フドウ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
北斗の拳(漫画)
正式名称
フドウ
別称
山のフドウ
別称
悪鬼のフドウ

総合スレッド

フドウ(北斗の拳)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

年齢不詳の巨体の男性。その体躯はリンバットを軽々と肩の上に乗せられるほどに大きい。南斗五車星の一人。山の拳士。巨大な岩をも持ち上げる怪力だが、その心根は優しく、捨てられた子供たちを引き取って育てている。かつては悪鬼のフドウと恐れられる無頼漢だった。両親を知らぬまま育ち、それ故に命の尊さも知らないと豪語。

試合で倒した相手を平気で殺害する残忍な人物だったが、ユリアと出会ったことで命の大切さを知り、穏やかな性格となった。南斗五車星の使命を重く考えてはいるものの、自分を慕う子供たちも見捨てられない情け深さを持つ。その拳はラオウをすら恐怖させるほど凄まじい。

登場人物・キャラクター

青年男性。北斗神拳を使う拳法家。全身筋肉の塊のような巨体を持つ。北斗神拳の元・伝承者候補で、ケンシロウにとっては義兄にあたる。また、同じ伝承者候補のトキは血が繋がった実の弟。全てを打ち砕く剛拳を持ち、...
成人女性。ケンシロウの恋人。気高く慈悲深い女性で、ラオウやトキ、シンといった多数の拳法家から思いを寄せられていた。核戦争後、ケンシロウと共に旅立とうとするところをシンにさらわれる。シンからは贅沢な暮ら...

関連キーワード

『北斗の拳』に登場する役職で、南斗最後の将を守る役目を持つ五人の拳法家のこと。作中ではヒューイ、シュレン、ジュウザ、フドウ、リハクがこれに当たる。五つの星が円形に並んだ刺青をしており、これを通して仲間...

登場作品

世界観舞台は弱肉強食の世紀末世界。199X年に核戦争が勃発し、その影響で国が滅び文明が失われた。生き残った人々は各地に「村」と呼ばれる集落を作り、肩を寄せ合って暮らしている。そんな弱者たちを虐げるのが...