フビライ

北条時宗(漫画)の登場人物。別称、フビライ・ハーン。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
北条時宗(漫画)
正式名称
フビライ
別称
フビライ・ハーン

総合スレッド

フビライ(北条時宗)の総合スレッド
2016.05.06 18:10

概要

実在の歴史上の人物フビライがモデル。モンゴルの英雄チンギス・ハーンの孫。敵に対しては容赦ない殺戮を繰り返す蒙古にあって、思慮深く穏やかな人物。兄モンケがハーン(皇帝)の地位に就くと、彼の命令に従い漠南漢地大総督(中国方面の責任者)となる。力でハーンとなった兄モンケに恐れを抱き、服従を誓っていた。

漢人の戦法を吸収して大理国、宋、高麗を征服する。その後兄の跡を継いでハーン(皇帝)となり、フビライ・ハーンと称する。宋の国力の源泉を交易と考え、有力な取引先の日本に狙いを定める。

登場作品

鎌倉時代。若くして執権となった北条時頼は、反執権派の北条光時、三浦泰村らとの権力争いの渦中にいた。ある日、宋との貿易を一手に引き受ける商人、謝国名の息子・謝太郎に出会い、彼によって蒙古の脅威を知る。宝...