フランソワ・ストラス・フォード

ガラスの城(漫画)の登場人物。別称、マルガリータ・ガレット。マリサ・バーゲンとは親族関係にある。

  • フランソワ・ストラス・フォード
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ガラスの城(漫画)
正式名称
フランソワ・ストラス・フォード
別称
マルガリータ・ガレット

総合スレッド

フランソワ・ストラス・フォード(ガラスの城)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

マリサの実の母親で、テームズ・ストラス・フォードの妻。ストラス・フォード卿との結婚のあと、判明した遺伝性の血液病(血友病)を苦にして失踪する。失踪先でマリサを産むが、ストラス・フォード卿がインドで熱病にかかって危篤と聞くと、マリサを召使だったミルズに預けて飛行機で向かう。

だが、飛行機は事故に会い、フランソワの消息は断たれる。後に、イサドラたちが南仏のニースに避暑に行った際、マリサは「くちなしの香りのする女性」に出会って、親近感を覚える。マルガリータ・ガレットと名乗っていたその女性こそ、一命は取り留めたが事故で記憶喪失になってしまったフランソワであった。

マリサストラス・フォード卿と会うことによって、彼女は少しづつ記憶を取り戻すが、それはイサドラにとって非常に都合が悪いことだった。

登場人物・キャラクター

『ガラスの城』の主人公のうちの一人。ロンドンのイートン高校に通う女子学生として登場。初登場時16歳。母のミルズ・バーゲンのもとで、イサドラと双子としてつつましく育てられた(マリサは妹。父はいない)。心...

登場作品

ロンドンに住む双子の姉妹イサドラとマリサ、母の事故死のあとイサドラは遺品の中からマリサは行方不明のストラス・フォード伯爵家の娘だったことを示す証拠を発見する。妹に対し異常なまでに敵対心を燃やしてきたイ...