フリアグネ

灼眼のシャナ(テレビアニメ)の登場人物。フレイムヘイズとはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
灼眼のシャナ(テレビアニメ)
正式名称
フリアグネ
ふりがな
ふりあぐね

総合スレッド

フリアグネ(灼眼のシャナ)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

概要

紅世の王で、真名は「狩人」。炎の色は「薄い白」。世に散らばる宝具のコレクターで、フレイムヘイズと敵対する。この世で作った人形型の燐子であるマリアンヌを何よりも愛している。

登場人物・キャラクター

『灼眼のシャナ』に登場する「紅世の徒」の下僕。この世の物体に「存在の力」を吹き込むことで生まれ、その際の姿形や機能は主の趣味や技量、対象物によって変わる。人の存在の力を喰らい集めることはできるが、自身...
人形好きの紅世の王・フリアグネの燐子である人形。元は粗暴な人形であったが、トリノで捨てられたところをフリアグネにより拾われ、一目惚れされたことでその燐子となる。お互い愛し合っており、フリアグネからは「...
『灼眼のシャナ』に登場する王。「紅世の徒」の中で大規模な存在の力を統御できる者を指す。「王」と縮めて呼ぶこともある。存在の大きさ故に、この世で顕現し続けるための「存在の力」も多く必要とする。
『灼眼のシャナ』において紅世の王と契約を交わし、異能を得た元人間の総称。世界の歪みが累積することにより、この世と紅世の双方に大災厄が起きると一部の紅世の王たちが予測し、同胞である徒を止めるべく模索した...

登場作品

異世界の住人「紅世の徒」に襲われ呆然と立ちすくむ坂井悠二の前に、紅蓮の髪と瞳を持つ「贄殿遮那のフレイムヘイズ」と名乗る少女が現れる。後に悠二がシャナと名付けるその少女は、悠二は既に自覚がないまま他界し...