フリッツ・ヴァーデマン

フリッツ・ヴァーデマン

MONSTER(漫画)の登場人物。

登場作品
MONSTER(漫画)
正式名称
フリッツ・ヴァーデマン
関連商品
Amazon 楽天

概要

ドイツの法曹界の寵児として知られる弁護士の男性。前髪を上げて額を全開にし、癖のあるふんわりとしたショートカットヘアにしている。太めの体格。1968年、父親のシュテファン・ヴァーデマンがスパイと殺人容疑で逮捕され、獄中で死亡後に無実が立証された過去を持つ。そのため冤罪に対して人一倍強い怒りを抱くようになり、弁護士となった。ある日天馬賢三の元患者たちから賢三の無実を証明してほしいと依頼され、デュッセルドルフ州警視庁の留置場にいる、賢三と知り合う。そして、その話を聞きつけたユーリウス・ライヒワインとも協力し、賢三の担当弁護士として尽力することになる。

関連人物・キャラクター

天馬 賢三

ドイツのデュッセルドルフにある、アイスラー記念病院で脳外科医として働く日本人男性。1986年の物語開始当初は28歳。舞台がドイツであるため、作中では主にカタカナで「テンマ」「ケンゾー」といった名前で呼... 関連ページ:天馬 賢三

登場作品

MONSTER

かつてある医師が命を救った少年は、成長して連続殺人犯となった。それを知り、強く責任を感じた医師は、少年を逮捕するため、すべてを投げうってその足取りを追う。ドイツを舞台に繰り広げられるサイコサスペンス。... 関連ページ:MONSTER

SHARE
EC
Amazon
logo