フレデリックス1世

フレデリックス1世

王女アレキサンドラ(漫画)の登場人物。読みは「ふれでりっくすいっせい」。

登場作品
王女アレキサンドラ(漫画)
正式名称
フレデリックス1世
ふりがな
ふれでりっくすいっせい
関連商品
Amazon 楽天

概要

アレキサンドラの父親。ラストニアの国王。アレキサンドラの母親が亡くなった後、グレイス・ギルギット伯爵夫人を新たな王妃とする。狙撃され、その傷により長くて余命一年と宣告される。グレイスからライナスに王位を譲るとのサインを求められるが、記すことなく死去した。

登場作品

王女アレキサンドラ

十九世紀後半。離宮の爆破事件により幼くして盲目になったラストニアの王女アレキサンドラは、亡き母親の教えを守り、人々の善意を信じて日々を過ごしている。息子を次期国王にしたい継母のいやがらせを、何度も乗り... 関連ページ:王女アレキサンドラ

SHARE
EC
Amazon
logo