ブルピャ

07−GHOST(テレビアニメ)の登場人物。テイトとはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
07−GHOST(テレビアニメ)
正式名称
ブルピャ
ふりがな
ぶるぴゃ

総合スレッド

ブルピャ(07−GHOST)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

ピンク色をした「導きのドラゴン」であり、テイトとの戦いで死亡したミカゲの生まれ変わり。額にはミカゲにもあった十字の傷を有する。傷ついたテイトを慰めるため、フラウがアニマルセラピーとして連れてくる。

登場人物・キャラクター

ミカゲ社のかつての主。ホームレスとなり路頭に迷っていた桃園奈々生に神社を譲った。遠い昔、人里で悪事を働いていた妖狐の巴衛を神使に迎え入れた。だがもうずっとミカゲ社には戻っていない。
バルスブルグ教会の三司教のひとりで、死神07-GHOST「斬魂(ゼヘル)」の青年。右腕にはフェアローレンの鎌を宿す。司教試験では歴代最高得点をたたき出すも、エロ本を持つ、煙草を吸うなど司教らしかなぬ奔...
ラグス国王とその側室の間に誕生した王子であるが、王妃の妬みから死神フェアローレンの躯を植え付けられ生きたパンドラの箱となる。その後、王族の記憶は封印され戦闘奴隷として士官学校に入学するも、自分が王族で...

登場作品

天界の最高傑作でありすべての英知を持つ死神フェアローレンが、イヴを殺し天界から逃走。その結果、地上には疫病や悲しみ、罪、災いが振りまかれた。その後、フェアローレンは大天使ミカエルとラファエルの瞳により...